Blog

今回は3つめの会場、末広温泉公民館の展示をご紹介します。

DSC_1524

末広温泉公民館はその名の通り、温泉と公民館が一体となった別府独特の施設です。
1階の温泉には、手桶を片手にひっきりなしに地元の方が訪れます。

DSC_1196

2階の公民館に、本郷毅史さんの写真作品「水源域・福島」を展示しています。

DSC_1521

DSC_1523

本郷さんは全国各地の川を遡り、水源域を撮影しておられます。
2014年から当プロジェクトに参加いただき、福島を代表する川・阿武隈川などの水源域を撮影してこられました。
生命の源である水。その生まれいずる場所。
本郷さんはその場所をみつめ、静かにとらえます。

東日本大震災で多くの方が亡くなった海。
めぐりめぐって、その海と水源域はつながっている。
福島で水源域を撮影した時、そのつながり、重みを強烈に感じたと本郷さんはおっしゃいます。
本郷さんの作品は、命そのものである清冽な水に捧げられた祈りのようです。

温泉が湧く町、別府。
地中の熱の力、水の流れを感じるこの町で、本郷さんの作品を展示することができ、とても嬉しく思っています。

末広温泉の浴場には、別府を拠点に制作されている画家の大平由香理さんの壁画が描かれています。
水の本郷さんに対して、大平さんの絵には山のもつエネルギーがあふれています。
展示観覧の後には、ぜひ温泉に入り、山水あわせてご覧いただければと思います。

DSC_1199

本郷さんと大平さんによるトークイベント「旅と別府とアーティスト」の様子は、
またおってご報告いたします。