News

pr01281_ページ_1
東日本大震災とその後に引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所事故は、大量消費を前提にした大量の製品生産を基盤とするわたしたちの社会が行き着いた一つの帰結です。
豊かでありたいという素朴な願いは、やがて制御不能な巨大モンスターを生み出し、その破綻が4年後の今も福島県を苦しめ傷つけています。
今回のラウンドテーブルのテーマは「ものづくり」です。古くから愛情と敬意を込めて営まれてきた「ものづくり」。それは単に利便性、合理性を追求する生産行為ではなかったはずです。
作られた「もの」に込められた気持ち、祈り。
使ううちに積み重なっていく「愛おしさ」。
「つくる」行為を見直すことは人の暮らしと来し方行く末を見つめることでもあるはずです。
心を込めて作られる「もの」は、熟練の職人技による精緻な手工芸品に限りません。食べ物やエネルギー、工業製品も含まれるでしょう。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト、第2回グランド・ラウンドテーブルは、福島県内外で様々な事業に取り組み活躍する講師・ゲストをお招きして、講演会・トークセッションからなる参加型トークイベントを開催し、自由な対話を通して福島における新たな「ものづくり」を考える場とします。

ここから始まる「ものづくり」の提言が福島再生の一助になることを願って。

日時

2月14日(土)13:30~19:15
2月15日(日)10:00~15:00

会場

大和川酒蔵北方風土館 ロマン室・良志久庵
(喜多方市字寺町4761)

入場料

無料

お申し込み

不要

2月14日 第1部「手わざと地の力・・・会津地方の地の力を活かしたものづくり」

会場:ロマン室
13:30~13:40 イントロダクション はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト報告
13:40~14:30 基調講演①鞍田崇「手わざと地の力」

2月14日 第2部「ものづくりの力」

会場:ロマン室
14:30~14:50 会津からの報告①昭和村「カラムシと織姫」(渡し舟主宰 舟木由貴子・渡辺悦子)
14:50~15:10 会津からの報告②三島町「三島の編み組み」(間方生活工芸技術保存会会長 菅家藤一)
15:10~15:40 会津からの報告③三島町「会津の農具と民具」(福島県立博物館専門員 佐々木長生)
15:30~16:00 クロストーク①
16:10~16:30 会津からの報告④大熊町「會空の挑戦」(會空代表 庄司ヤウ子)
16:30~16:50 会津からの報告⑤三島町「自然エネルギーを会津・福島から」(会津自然エネルギー機構理事 遠藤由美子)
16:50~17:20 クロストーク②

2月14日 第3部「福島祝い膳」

会場:良志久庵
17:30~18:15 基調講演②中山晴奈「福島祝い膳」+福島祝いの膳プロジェクト展示解説

2月14日 第4部「ものづくりのこころ」

会場:ロマン室
18:30~19:15 赤坂憲雄×佐々木長生対談「ものづくりのこころ」

2月15日 第5部「地を食す」

会場:ロマン室
10:00~10:30 会津からの報告①「野菜ソムリエの仕事 西会津編」(野菜ソムリエ 木村正晃)
10:30~11:00 会津からの報告②「自産自消」(早稲谷大学主宰 長谷川浩)
11:00~11:30 会津からの報告③「会津伝統野菜と『会津農書』」(福島県立博物館専門員 佐々木長生)

2月15日 第6部「作る愛しさ、いただく命」

会場:ロマン室
13:00~15:00 ラウンドテーブル 中山晴奈×舟木由貴子×木村正晃×長谷川浩ほか
モデレーター:鞍田崇

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

お問い合わせ

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局喜多方支局
〒966-0073 福島県喜多方市字中町2878 NPO法人まちづくり喜多方内
担当:高橋、馬場、宮澤
Tel:0241-22-1026(土・日・祝日休業)

詳細はこちら
第2回グランド・ラウンドテーブル A4チラシ

0119-1_ページ_1
「精神の<北>へ」プロジェクトは、<北>をテーマに、私たちの持つ北への眼差し、内なる北を学び、表現することで、東北・福島の歴史とアイデンティティを考えるプロジェクトです。福島県喜多方市や近隣地域からの有志、福島県二本松市出身のアーティスト丸山芳子氏による「精神の<北>へ実行委員会」と、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会との協働により活動しています。
今年度は喜多方市を活動の拠点に、奥会津地方のリサーチ、地域の農業者・歴史や地域学研究者とアーティストとの対話、展覧会等を行いました。地域の方々はあらためて自分のクラス地域を見つめる新鮮な視点を得、アーティストは自然と人の暮らしのかかわりの深さを体感する機会となりました。
今年度の活動の締めくくりとしてシンポジウム「北の美と魂」を開催します。講師に、山内宏泰氏(リアス・アーク美術館学芸員)・山内明美氏(大正大学人間学部特命准教授)をお招きし、基調講演後、会場との対話を通し「精神の<北>」へ触れる機会としたいと思います。

開催日

2月1日(日)

開催時間

13:00~15:30

会場

大和川酒蔵北方風土館 ロマン室
(喜多方市字寺町4761)

入場料

無料

お申し込み

不要

講師

山内宏泰氏(リアス・アーク美術館学芸員)
山内明美氏(大正大学特命准教授)

スケジュール

12:30 開場
13:00 主催者あいさつ
13:10~14:00 山内宏泰「N.E blood 21」
14:00~14:50 山内明美「北を想い、北に暮らす」
-休憩-
15:00 質疑応答
15:30 終了

主催

精神の<北>へ実行委員会
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

お問い合わせ

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局喜多方支局
〒966-0073 福島県喜多方市字中町2878 NPO法人まちづくり喜多方内
担当:高橋、馬場、宮澤
Tel:0241-22-1026(土・日・祝日休業)

詳細はこちら
精神の<北>へプロジェクト シンポジウム「北の美と魂」チラシ

pr0113_1
いいたてミュージアムとは、飯舘村のこと、飯舘村に起こったことを県内外に広く発信し、未来の世代にも伝えていこうというプロジェクトです。
村民のみなさんのお宅へお伺いし、みなさんにとっての「古いモノ」「大事なモノ」「歴史的なモノ」を見せていただき、それにまつわるお話を集めてきました。「モノ」にまつわるお話から見えてきたのは震災前の豊かな村の姿でした。ご覧いただくみなさまに、「モノ」が語る力から、村の姿をお伝えできればと思います。

今回初めての福島県外での巡回展。
東京、神戸に続き、京都での開催が決定致しました。
是非ご参加ください。

巡回展京都開催期間

1月24日(土)~1月28日(水)

観覧時間

8:00~20:30

会場

京都造形大学 瓜生館1F
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

観覧料

無料

主催

いいたてまでいの会
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

協力

京都造形大学 文明哲学研究所

事業についてのお問い合わせ

いいたてまでいの会
〒960-8031 福島県福島市栄町10-3
Tel:070-5622-4982

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局喜多方支局
〒966-0073 福島県喜多方市字中町2878 NPO法人まちづくり喜多方内
担当:高橋、馬場、宮澤
Tel:0241-22-1026(土・日・祝日休業)

詳細はこちら
いいたてミュージアム 巡回展 京都 チラシ