Blog

s3
精神の〈北〉へプロジェクト、今年度の活動の締めくくりとしてシンポジウム「北の美と魂」を開催しました。

荒れ模様の天候で喜多方までの道中はしばしばホワイトアウト。翌日も降りしきる雪。
s2
そんな中お招きした講師は、山内宏泰氏(リアス・アーク美術館学芸員)・山内明美氏(大正大学人間学部特命准教授)、山内宏泰さんからは、リアス・アーク美術館が長年取り組んでいる東北・北海道のアーティストを紹介する展覧会「Ne blood21」の運営について、山内明美さんからは東北の苦難とそれを乗り越える精神性について、お話しをうかがいました。

参加した「精神の〈北〉へ実行委員会」のサポーターからも感想、意見が活発に投げかけられていました。山内宏泰さんからは福島県外でも「精神の〈北〉へ」のことを聞く機会があったとお知らせいただきました。今後の「精神の〈北〉へ」の広がりを思い励まされるうれしい時間でもありました。
s1

(川延安直)

g1
第1回グランドラウンドテーブル「いま、福島からの演劇」が真冬の冷え込みのなか、喜多方市大和川酒蔵で開催されました。はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトでは初めての本格的な演劇テーマのイベントです。漆塗りの円卓を中心に二日間にわたり濃密な対話の時間が過ぎて行きました。
g2
まず初日は平田オリザさん、相馬千秋さんの基調講演からスタート。復興に向かう福島にとって平田さんのお話しは終始示唆に富んだものでした。その後のテープ起こしの要約でも省略するのに困る深い内容でした。相馬さんのお話しも東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所災害を真摯に受け止める演劇の力を信じさせてくれるものでした。基調講演後の赤坂憲雄実行委員長とのクロストークも当然の盛り上がり。
g3
第二部「福島の実践者からの報告」では、小畑瓊子さん(朝日座を楽しむ会代表)、三澤真也さん(大宴会in 南会津実行委員会委員)、島崎圭介さん(NPO法人Wunder ground代表)、佐藤雅通さん(福島県立大沼高校演劇部顧問)、篠田直子さん(喜多方発21世紀シアター実行委員会事務局長)から福島県内でのそれぞれの活動をご報告いただきました。それぞれが素晴らしい活動ですが、意外に互いの活動を深く知る機会は少なく、県内のまさに文化連携の場となりました。
g4
二日目は第三部「福島に向かうアーティスト」から。いしいみちこさん、小沢剛さん、やなぎみわさんによるアート・福島・アーティストを巡る対話です。原発災害後の福島に向き合うアーティストの情熱に主催者として大いに励まされました。
g5
最後の第四部「いま、福島から思考する演劇の可能性」は、グランドラウンドテーブルのスタイルで赤坂憲雄実行委員長×いしいみちこさん×小沢剛さん×平田オリザさん×やなぎみわさんが円卓を囲みました。思えばすごい顔ぶれです。これだけの知性が福島のことを真剣に見つめている。この場から福島復興の糸口がつかめるかもしれません。きっと何かが生まれることでしょう。
二日間11時間に及ぶ対話の時間、相馬さんが仰ったことですが、これまでにない演劇を語る場が冬の喜多方で誕生しました。早くも次回の開催が待たれます。

(川延安直)