News

福島写真美術館A4チラシ表

「福島写真美術館プロジェクト」は、震災・原発事故後いち早く福島での取材・発信を行っていた写真・動画による表現に注目し、福島における写真表現の意義を捉え直そうとするものです。
福島の自然の美しさ。人々の暮らしの尊さ。震災の爪痕。日々の中に落ちている原発事故の陰。
それら福島の文化の豊かさと解決すべき問題について、写真や動画だからこそ伝えられる、問いかけられるアプローチを、本プロジェクトは試みてきました。
2012年から2015年にかけて福島を訪れ、それぞれの視点で「福島の今」を捉え、留めた写真家・作家たちの真摯な制作の成果は、ひとり福島のためのみではなく、日本の将来が抱えるであろう課題へのヒントとして、広くこの国で共有されるべきものと考えます。
その共有の第一歩として、震災後から福島へのあたたかい支援の手を差し伸べてくださっている長野県大町市において、関係各位のご協力により、本プロジェクトの成果展を開催できることとなりました。
また、当成果展の関連事業として、展覧会最終日の8月24日に当プロジェクト参加作家の本郷毅史さん、元・福島県富岡町副町長の田中司郎さん、美術家の杉原信幸さんをお迎えし、トークセッション「福島の過去・現在・未来とジブンごと」を行います。
本展が、復興に向かう福島の姿を伝え、大町市、長野県と福島県の交流のきっかけとなることを願っています。

成果展会期

平成27年8月1日(土)~8月24日(月)

観覧時間

10:00~17:00

会場

大町リノプロ
〒398-0002 長野県大町市大町3206-14

入場料

無料

共催

原始感覚美術祭実行委員会

後援

大町市教育委員会

協力

大町リノベーションプロジェクト/信濃大町食とアートの廻廊実行委員会

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

主な展示作品

「飯舘中学校のふるさと学習 飯舘村飯樋町の田植え踊り」【写真・映像作品】
  作者:小野良昌(写真家)
  制作年:2013年
「sacrifice」【写真作品】
  作者:片桐功敦(華道家)
  制作年:2013、2014年
「distance」【写真作品】
  作者:赤阪友昭(写真家)
  制作年:2013、2014年
「みち(未知の地)」【写真作品】
  作者:安田佐智種(美術家)
  制作年:2013、2014年
「水源域・福島」【写真作品・映像作品】
  作者:本郷毅史(写真家)
  制作年:2014、2015年

トークセッション

「福島の過去・現在・未来とジブンごと」

日時

平成27年8月24日(月)
15:30~17:00

ゲスト

田中司郎(元・福島県富岡町副町長)
本郷毅史(写真家/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト2015参加作家)
杉原信幸(美術家/原始感覚美術祭アートディレクター)
川延安直(福島県立博物館学芸員)

モデレーター

本島望(大町リノベーションプロジェクト)

司会

小日向勲(大町リノベーションプロジェクト)

主催

大町リノベーションプロジェクト

協力

原始感覚美術祭実行委員会/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
福島写真美術館プロジェクト成果展in大町 A4チラシ

アートで伝える考える福島の今、未来A4チラシ表

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは2012年からはじまり、今年度で4年目を迎えました。
活動を通して様々な美術作品が生まれ、そのどれもが福島の文化や自然の豊かさ、そして震災の記憶を伝える、福島の貴重な財産となりました。今回長野県で開催する「アートで伝える考える 福島の今、未来」は、2012年から2014年にかけての3年間で、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの活動の中から生まれた美術作品を通して、復興に向かう福島の姿を伝え、広く共有すべき問題をともに考えるようとするものです。様々な表現手法による美術作品は、伝え、問いかけるアートの力をあらためて来場者に実感させてくれることでしょう。
あわせて、素晴らしい自然環境の中、福島県の児童の保養事業を継続して実施してくださり、先進的文化芸術活動を展開している大町市で行う本展が、大町市・大町市教育委員会様とはま・なか・あいづ文化連携プロジェクトとの協働により開催されることで、大町市、長野県と福島県との交流のきっかけとなることを願っています。
開催初日の7月31日には企画展オープニングセレモニー、本プロジェクトを企画運営している福島県立博物館の学芸員によるギャラリー・トークを行います。

企画展会期

平成27年7月31日(金)~8月23日(日)
※毎月曜日休館

観覧時間

10:00~18:00

会場

ギャラリー・いーずら
〒398-0002 長野県大町市大町3300-1 いーずら大町特産館2F

入場料

無料

協力

大町市美術振興専門委員/原始感覚美術実行委員会/信濃大町食とアートの廻廊実行委員会

主催

大町市教育委員会/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

展示作品

「北屋形の神楽」【映像作品】
  作者:開発好明(美術家)
  制作年:2012年
「飯舘中学校ふるさと学習 飯舘村飯樋町の田植え踊り」【映像作品】
  作者:小野良昌(写真家)
  制作年:2013年
「カメラを持って、小さな旅をしよう!」【写真作品】
  企画・指導者:今井紀彰(アーティスト・写真家)
  制作年:2013年
「豊間ことばの学校・好間土曜学校」【造形作品】
  企画・指導者:千葉清藍(書家)、君平(美術家)等
  制作年:2014年
「福島祝いの膳プロジェクト」【ミクストメディア】
  作者:中山晴奈(フードアーティスト)
  制作年:2014年
「福島の記憶と記録」 【フロッタージュ作品】
  制作:岡部昌生(美術家)
  制作年:2012〜2014年
「黒と朱 KUROZUKA」【映像作品】
  主演:平山素子(コンテンポラリーダンサー)
  監督:高明(映画監督)
  企画・美術:渡邊晃一(美術家)
  制作年:2014年

オープニングセレモニー

オープニングセレモニーに併せて福島県立博物館の学芸員によるギャラリー・トークを行います。

日時

平成27年7月31日(金)
10:00~11:00

詳細はこちら
アートで伝える考える 福島の今、未来 A4チラシ

いわき七夕プロジェクトA4チラシ表
今年度から新しく始まった「いわき七夕プロジェクト」。
いわき駅前の商店街で毎年行われている七夕まつりで盛大に街を彩る「七夕飾り」を制作するワークショップを開催します!
これまで商店街を中心に実施運営されていた七夕まつりに、広くいわき市の地域の皆さんがかかわれるよう、いわき市内の復興公営住宅やいわき駅前のフリースペースを会場に、七夕飾りを制作するワークショップを開催します。ワークショップの第1回目には七夕まつりのこれまでの歩みや地域の文化を学ぶ時間も設け、皆さんが暮らすいわき市の歴史を掘り起こし、改めて見つめる機会とします。
講師は、舞台美術やワークショップ講師として活躍する造形作家の「とっくん」こと竹内寿一氏。
震災後の避難による転入、転出が続くコミュニティにおいて、長年続けられてきた七夕まつりをきっかけに、これまでにない新しい交流が始まります。

いわき駅前のフリースペースで行う「平七夕飾りワークショップ」は現在参加者募集中!
一日だけの参加や途中参加、見学ももちろんOK!参加無料です。
下記日程で開催いたします。ふるってご参加ください!!

開催日程

①7月4日(土)14:00~17:00
七夕まつりのレクチャー、地域の文化の掘り起し、アイディア出しワークショップ。
②7月5日(日)14:00~17:00
まち歩き、アイディア出しワークショップ、部品の制作。
③7月11日(土)14:00~17:00
まち歩き、アイディア出しワークショップ、部品の制作。
④7月19日(日)14:00~17:00
七夕飾りの部品の制作。
⑤7月26日(日)10:00~13:00
七夕飾りの部品の制作。
⑥8月2日(日)10:00~13:00
七夕飾りの制作の総まとめ、完成。

会場

もりたか屋
〒970-8026 いわき市平3-34

参加費

無料

お申し込み

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事務局へお電話いただくか、下記リンクより「平七夕飾りワークショップ A4チラシ」をダウンロード、プリントアウトしていただき、FAXにてお申し込みください。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事務局
(受付時間9:00~17:45、月曜日定休)
TEL:0242-28-6067
FAX:0242-28-5986

講師

竹内寿一…「とっくん」。造形作家。舞台美術や参加型ワークショップ等の講師として活躍。主なワークショップに、豊島区立舞台芸術交流センターあうるすぽっとで行った段ボールやバル―ンを素材にした造形ワークショップ(複数年間にわたって実施)など。青森県のねぶた祭りで地域の参加者とねぶたつくりワークショップも実施。

制作協力

十中八九

協力

NPO法人Wunder ground

詳細はこちら
平七夕飾りワークショップ A4チラシ