News

静岡展チラシ

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故から5年を迎え、その記憶も薄れつつあります。しかし、巨大地震と原子力発電所事故が福島に限らない課題であることはこの国の多くの人が共有し続けなければなりません。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、文化・芸術の視点から2011年以降福島が抱えている課題に向き合ってきました。
本展は、静岡市で地域に根差したアートプロジェクトを実施している静岡大学アートマネジメント力育成事業実施委員会との共催により開催いたします。はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトで生まれた作品を通して、震災と原発事故と文化・芸術と地域について、静岡のみなさんと共有できる機会を大変ありがたく思っております。どの作品も、2011年以降の福島を伝え、ともに考えようと語りかけています。
会期中の1月10日には、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家の乾久子さん、同じく参加作家の中山晴奈さん、静岡大学教授の白井嘉尚さんをお迎えし、本プロジェクト実行委員会委員長の赤坂憲雄とともにトークセッション「福島×アート×静岡」を行います。

会期

平成28年1月9日(土)~1月22日(金)
※1月11日、12日、18日、19日は休廊

観覧時間

13:00~19:00
※会期最終日22日は13:00~17:00

会場

金座ボタニカ3F・4Fアートスペース
〒420-0029 静岡県静岡市葵区研屋町25

観覧料

無料

展示作品

「福島の記憶と記録」【フロッタージュ作品】
作者:岡部昌生(美術家)
制作年:2012~2015年
「福島祝いの膳プロジェクト」【ミクストメディア】
作者:中山晴奈(フードアーティスト)
制作年:2014年
「sacrifice」【写真作品】
作者:片桐功敦(華道家)
制作年:2013~2014年
「飯舘中学校ふるさと学習 飯舘村飯樋町の田植え踊り」【映像作品】
作者:小野良昌(写真家)
制作年:2013年
「distance」【写真作品】
作者:赤阪友昭(写真家)
制作年:2014~2015年
「豊間ことばの学校・好間土曜学校」【造形作品】
講師:乾久子(美術家)、千葉清藍(書道家)ほか
制作年:2014~2015年

トークセッション「福島×アート×静岡」開催日時

平成28年1月10日(日)14:00~16:30

会場

金座ボタニカ2Fカフェ

出演者

乾久子(アーティスト/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家)
中山晴奈(フードデザイナー/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家)
白井嘉尚(静岡大学教授)
赤坂憲雄(福島県立博物館長/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員長)

参加費・お申込み

参加費無料・お申込み不要

共催

静岡大学アートマネジメント力育成事業実施委員会

協力

金座ボタニカ

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
アートで伝える考える 福島の今、未来【静岡】 A4チラシ

pr20151220

安達ヶ原鬼婆伝説に基づく謡曲「黒塚」をベースに福島の置かれた歴史的位置と今を舞踏表現によって捉えなおそうと試みるプロジェクト。
今年は、舞踏家の大野慶人さんに力を貸していただき、映像作品「KUROZUKA 黒と光」を制作します。
制作にあわせて12月に神奈川県横浜市、2月(予定)に福島市にてトークセッション、上映会を開催。昨年度本プロジェクトから生まれた「KUROZUKA 黒と朱」も上映します。
鬼婆伝説の物語にある、鬼婆を調伏する僧侶のイメージで制作された舞踊「KUROZUKA 黒と光」。大野慶人さんによりどのような表現になるのでしょうか。
※チラシにございます2月の情報は現在「予定」の状態です。正式発表は1月中頃を予定しております。決定次第ご報告させていただきます。

横浜市会場開催日

2015年12月20日(日)・21日(月)

スケジュール

■12月20日
18:00~18:15 上映会「KUROZUKA 黒と朱(2014年 主演:平山素子)」
18:15~20:00 対談 大野慶人×渡邊晃一
■12月21日
14:00~18:00 公演「KUROZUKA 黒と光(2015年 主演:大野慶人)」

会場

大野一雄舞踏研究所
(横浜市保土ヶ谷区上星川1-20-15)

入場料・参加費

無料

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

お問い合わせ

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局
〒965-0807
福島県会津若松市城東町1-25(福島県立博物館内)
担当:小林、高橋、馬場
Tel:0242-28-6067・0242-28-6000(福島県立博物館代表)
(9:00~17:45毎週月曜日、祝日の翌日は休業)

詳細はこちら
第2回グランド・ラウンドテーブル 震災から5年 鎮魂・忘却・創造 A4チラシ