Blog

会場の金座ボタニカは4階建ての元社員寮を改装したスペース。
デザインオフィス、雑貨店の他に大小のギャラリーがあります。住居だったスペースだけに美術品の展示施設として必ずしも使い勝手が良いわけではありません。ですが、その制約が魅力であり、展示の醍醐味でもあります。
静岡市での、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展は、この金座ボタニカさんを会場にお借りしました。静岡大学が主催しているアートプロジェクト「めぐるりアート」の会場としても活用されています。
静岡での成果展は、「めぐるりアート」参加作家のアーティスト乾久子さんがつないでくださったご縁によるものです。震災の年、「会津・漆の芸術祭2011」に参加してくれた乾さんがワークショップ「くじ引きドローイング」を継続していることを思い出したのは、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの一つ「豊間ことばの学校」のプログラム策定の時でした。
「豊間ことばの学校」は、震災の被害が甚大だったいわき市豊間の豊間小学校が取り組んでいる、いわゆる放課後授業です。学校から依頼されたテーマは学習の基本である「ことば」でした。
さあ、言葉とアートを結ぶ「くじびきドローイング」の出番です。
準備と本番に何度もいわき市に足を運んでくださった乾さん、そして、その時に静岡大学の白井先生、平野先生も同行してくださいました。
こうして生まれた静岡・福島のご縁は、さらに強さと広がりを増して浜松市のNPOクリエイティブサポートレッツ、鴨江アートセンターさんのご協力もいただけることになりました。まさに県を越えたアートプロジェクト同士が結んだ地域間交流です。
さて、こうして整った地盤があって、いよいよ成果展は開催されました。

okabe
(「岡部昌生フロッタージュプロジェクト」から、岡部昌生さんのフロッタージュ作品)

katagiri
(「福島写真美術館プロジェクト」から、片桐功敦さん(左)、本郷毅史さん(右)の写真作品)

akasaka
(「福島写真美術館プロジェクト」から、赤阪友昭さんの写真作品)

namie
(「夢の学び舎プロジェクト」から、参加してくれた子供たちの作品)

写真美術館プロジェクトに参加している本郷毅史さんは浜松市出身でもあり、展示作業にご協力いただきました。ありがとうございました。
hongo
会期中会場に入ってくれるスタッフの静岡大学のお二人は2時間を超える事前レクチャーに真剣に耳を傾けてくれました。
shizuokadaigakusei

オープン2日目に行ったトークセッション「アートで伝える考える 福島の今、未来」は60名近い参加者があり、会場は満員御礼のうれしい悲鳴でした。
talk
(会場から溢れるほどの参加者でした)

静岡大学の白井嘉尚先生、福島祝いの膳の担当アーティスト中山晴奈さん、そして乾久子さん、モデレーターは赤坂憲雄実行委員長がつとめました。トークの熱い内容は、後日記録集にまとめる予定です。トーク終了後は慌ただしく福島へ戻らなければなりませんでしたが、参加者の何名かはその後も数時間の議論を続けたそうです。
inui
(講師の乾久子さん)
akasakanorio
(赤坂憲雄実行委員長)

あっという間の2時間半でしたが、静岡の方々からは福島への理解を、静岡の方々には福島の教訓をお伝え出来たのではないでしょうか。
成果展は静岡に続き、京都市、浜松市にもおじゃまします。

(川延安直)