News

クロージングフォーラム表
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトでは、アートプロジェクトを中心にトークイベント、ワークショップ、展覧会などを福島県内外の諸団体と協働して2012年から実施してきました。
東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた被害と復興の記録、将来の復興を担う子どもたちへの取り組み、コミュニティの再生、福島の現状の発信などを目的に掲げています。

同じく重要な目的が、福島県内でのアートを介したネットワークの形成、これまでにない新たな視点を持った文化の創出です。
本フォーラムでは、これまで国内の多くのアートプロジェクトを支援し、ネットワーク化を推進してきたアサヒビール芸術文化財団事務局長加藤種男氏をお招きし、本プロジェクト参加作家、携わったNPO法人スタッフ、博物館学芸員と福島とこの国の文化政策について対話を行ないます。

震災後、原発事故後の福島でアートや文化が何を残せたか、これから何を生み出せるのか。震災・原発事故から5年目を迎え、ますます重要になってくるであろうアートや文化について、みなさんと共有し語り合う場としたいと思います。
是非ご来場ください。

開催日時

2016年3月6日(日)14:45~18:30

特別講演講師

加藤種男氏(アサヒビール芸術文化財団事務局長)

講演講師

岡部昌生氏(美術家)

報告

二上文彦氏(南相馬市博物館学芸員)
会田勝康氏(NPO法人Wunder groundコミュニティコーディネーター)

モデレーター

赤坂憲雄(はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員長)

会場

福島県立博物館講堂
(福島県会津若松市城東町1-25)

入場料・お申込

入場無料・申込不要

スケジュール

前半では、これまで協働のパートナーとして南相馬市で「岡部昌生フロッタージュプロジェクト」「福島写真美術館プロジェクト」に携わった南相馬市博物館学芸員の二上文彦氏、いわき市で「いわき七夕プロジェクト」に携わったNPO法人 Wunder ground コミュニティコーディネーターの会田勝康氏による事業報告を行います。
後半は、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトに参加し、南相馬市・飯舘村・大熊町・石川町などで震災や原発事故の記憶の記録に取り組んできた美術家の岡部昌生氏による講演と、全国各地のアートプロジェクトへの支援、ネットワーク化を進めてこられた加藤種男氏による特別講演。 最後に、実行委員会委員長の赤坂憲雄がモデレーターを務め、出演者全員の登壇によるクロストークを行い、福島でのアートプロジェクトの可能性を会場の皆さんと共有します。

14:45 あいさつ(赤坂委員長)
14:50 はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事業報告(事務局:矢吹・小林)
15:10 【報告】いわき市でのプロジェクトについて(会田勝康氏)
15:30 【報告】南相馬市でのプロジェクトについて(二上文彦氏)
15:50 休憩
16:00 【講演】フロッタージュプロジェクトが伝える福島/フクシマ(岡部昌生氏)
16:45 【特別講演】アートプロジェクトと地域文化(加藤種男氏)
17:30 クロストーク(加藤種男氏・岡部昌生氏・二上文彦氏・会田勝康氏)
18:30 閉会

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
クロージングフォーラム「アートはアートは何を残せたか 震災から5年の福島・アート・地域」 A4チラシ

 

hama
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト、2015年度は長野県大町市からはじまり、静岡市、京都市と繋がった成果展のバトン。
アンカーは静岡県浜松市、鴨江アートセンターです。

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故から5年を迎え、その記憶も薄れつつあります。しかし、巨大地震と原子力発電所事故が福島に限らない課題であることはこの国の多くの人が共有し続けなければなりません。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、文化・芸術の視点から2011年以降福島が抱えている課題に向き合ってきました。
本展は、浜松市で地域に根差したアートプロジェクトを実施している鴨江アートセンターとの共催により開催。はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトで生まれた作品を通して、2011年以降の福島を伝え、ともに考える場をつくります。
会期最終日の2月28日(日)には「福島でレジデンス制作をすること」をテーマに、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトに参加し実際に福島でレジデンス制作をした華道家の片桐功敦さんと写真家の本郷毅史さんをお迎えし、地域に滞在して制作することの意味やアートと社会の関係についてお聞きします。

会期

平成28年2月18日(木)~2月28日(日)
※2月22日(月)は休室

観覧時間

10:00~18:00

会場

鴨江アートセンター
(〒432-8024 静岡県浜松市中区鴨江町1)

入場料

無料

展示作品

「福島の記憶と記録」【フロッタージュ作品】
作者:岡部昌生(美術家)
制作年:2012~2015年

「sacrifice」【写真作品】
作者:片桐功敦(華道家)
制作年:2013~2014年

「distance」【写真作品】
作者:赤阪友昭(写真家)
制作年:2014~2015年

「水源域・福島」【写真作品】
作者:本郷毅史(写真家)
制作年:2014~2015年

「Island in my mind」【写真作品】
作者:岩根愛(アーティスト・写真家)
制作年:2015年

「福島祝いの膳プロジェクト」【ミクストメディア】
作者:中山晴奈(フードアーティスト)
制作年:2014年

「飯舘中学校ふるさと学習 飯舘村飯樋町の田植え踊り」【写真・映像作品】
作者:赤間正昭(写真家)
制作年:2015年

「豊間ことばの学校・好間土曜学校」【造形作品】
講師:乾久子(美術家)、千葉清藍(書道家)ほか
制作年:2014~2015年

トークセッション「福島でレジデンス制作をすること」開催日時

平成28年2月28日(日)15:00~17:00

会場

鴨江アートセンター

出演者

片桐功敦(華道家/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家)
本郷毅史(写真家/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家)
モデレーター:小林めぐみ(福島県立博物館学芸員/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局)

参加費

無料

お申込み

要お申込み
お申込み先・・・鴨江アートセンター
※参加ご希望の方は、イベント名(トークセッション「福島でレジデンス制作をすること」)、氏名、電話番号と共にE-mailまたはお電話でお申し込みください。
TEL:053-458-5360
E-mail:k.a.c@kamoeartcenter.org

共催

鴨江アートセンター

後援

中日新聞東海本社/静岡新聞・静岡放送

協力

NPO法人クリエイティブサポートセンターレッツ

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
アートで伝える考える 福島の今、未来【浜松】 A4チラシ

kurozuka2015

京の都から東北へ。仕える公家の娘の病を治すために胎児の生き肝を得る旅に出た乳母・岩手。流れついた奥州・安達が原で目的を果たします。しかし、殺めた妊婦が持っていたお守りから、己が手を下したのは京に残してきた実の娘の愛衣と知り…。狂気のあまり鬼婆と姿を変え、安達ヶ原で人を喰らっていた鬼婆は、後に旅の僧侶・東光坊祐慶と仏の力によって成仏。葬られた地は「黒塚」と呼ばれるようになりました。

福島県二本松市(元・安達郡大平村)を舞台とする安達ケ原の鬼婆の伝説は、地方と大都市圏の供給、消費の関係、中央から東北への眼差しをも暗示させます。
また安達ヶ原の鬼婆伝説に取材した能の演目「黒塚」の糸車に示されるように、時間をテーマとし、決して引き返すことの出来ない血筋を断ち切った「悲しみ」を含んでいます。
「黒塚」発信プロジェクトは、このような「黒塚」の伝説・伝承をテーマに、東北の精神性・風土を探究するものです。

2014年、2015年。「黒塚」発信プロジェクトから、二人の表現者による二つの映像作品が生まれました。

2014年―コンテンポラリーダンサー・平山素子主演≪KUROZUKA 黒と朱≫
2015年―舞踏家・大野慶人主演≪KUROZUKA 黒と光≫

「黒と朱」は、岩手とその娘・恋衣のイメージから制作されました。
「黒と光」は、鬼婆と東光坊祐慶のイメージから生まれました。

2014年度に完成した≪KUROZUKA 黒と朱≫と初披露となる≪KUROZUKA 黒と光≫のダブル上映会と、多様なジャンルから「黒塚」にアプローチするトークセッションを開催します。福島への、東北への思いと問いが凝縮した「黒塚」の世界。ぜひ目撃してください。

開催日

平成28年2月21日(日)

開催時間

14:00~16:30

会場

フォーラム福島4
(福島県福島市曾根田6-4)

入場料

無料

【お知らせ】
*当日整理券配布について*
当日整理券を配布することに致しました。2月21日(日)朝9:15より、フォーラム福島3・4にて整理券をお配りします。ご希望の方はフォーラム福島3・4窓口にお尋ねください。
*上映会場変更のお知らせ*
フォーラム福島4 (72席)→ フォーラム福島3(144席)に会場を変更します。同じ建物内の3階となります。なお当日会場でもご案内させていただきます。当日のスクリーンの開場は、13:45です。開演が14:00となります。

上映会

≪KUROZUKA 黒と朱≫
主演・舞踏:平山素子(コンテンポラリーダンサー)
映像監督:高明
音楽:野島健太郎
企画・美術:渡邊晃一
制作年:2014年
黒と朱
≪KUROZUKA 黒と光≫
主演・舞踏:大野慶人(舞踏家)
映像監督:古田晃司
音楽:落合敏行
企画・美術:渡邊晃一
制作年:2015年
黒と光

トークセッション「黒塚」

出演:東雅夫(文芸評論家/「幽」編集顧問)
和合亮一(詩人)
懸田弘訓(伝統芸能研究者/福島県民俗芸能学会調査団団長)
鈴木裕美子(福島大学教授/舞踊研究者)
モデレーター:渡邊晃一(福島大学教授/美術家)

【第1部】
表現としての黒塚-伝説・文学・芸能
東雅夫×渡邊晃一
【第2部】
交差する視線-黒塚から
東雅夫×和合亮一×懸田弘訓×鈴木裕美子
モデレータ:渡邊晃一

主催

はま・なか・あいづ 文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
黒塚上映会+トークセッション A4チラシ