News

nomaoidialogue_flyer_omote_OL

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、福島県会津若松市にある福島県立博物館が中核となり福島県内の大学・文化施設・NPO等との連携により実施しているアートプロジェクトです。
東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故後の福島で、文化芸術による福島の復興、未来への模索を目的に2012年から活動しています。

プロジェクトの一環である「地域の民俗の記憶プロジェクト」では、写真家・高杉記子が、数百年の歴史をもつとされる祭礼・野馬追、野馬懸を取材・撮影しています。
野馬追、野馬懸は、この地に生きる人々にとってどのような存在なのでしょうか。高杉は、2011年以降、相馬野馬追に関わる人々と時間をともにするなかで、日本人としての自分のルーツや日常生活を重ね、土地に根ざした文化がいかに人々の郷土への誇りを育み、失うことのできないアイデンティティになっていったのかをたずねてきました。
今年度、高杉は経験と技術に裏打ちされた仕事で野馬追を支える人々の誇りを捉えました。高杉の作品展示と会場でのトークセッションが、野馬追のある土地と生活の過去・現在・未来を語りあう“対話=ダイアログ”の場となり、相双地域の魅力やつながりをあらためて確かめることができればと思います。

開催日時

2017年1月28日(土)~2月5日(日)※1月31日(火)は休館

会場・観覧時間

南相馬市民文化会館 ゆめはっと
福島県南相馬市原町区本町2-28-1
10:00~18:00

入場料

無料

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

後援

南相馬市 相馬野馬追執行委員会 相馬野馬追保存会

協力

公益財団法人南相馬市文化振興事業団

展示作品

「いつのまにか甲冑師になっていた」【写真作品】
作者:高杉記子(写真家)

担当作家プロフィール

東京都在住。東京在住。ロンドン芸術大学大学院 London College of Communication卒。ポートレートを中心に、アイデンティティ、人と土地などが主なテーマ。主な展示/賞に、コニカミノルタ フォト・プレミオ2014入賞(東京)、Taylor Wessing Photographic Portrait Prize 2015 ファイナリスト(ロンドン・ナショナル・ポートレート・ギャラリー)、“Fukushima Samurai”, Photoquoi ビエンナーレ 2015(パリ・ケ・ブランリ美術館)など。

トークセッション

「野馬追のある土地と生活」
日時:2月5日(日) 13:30~14:30
会場:南相馬市民文化会館 ゆめはっと
講師:高杉記子(写真家)、高橋一幸(甲冑師)、二上文彦(南相馬市博物館学芸員)
参加費:無料
申込:不要

詳細はこちら

チラシ裏表(トンボなし)

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、福島県会津若松市にある福島県立博物館が中核となり福島県内の大学・文化施設・NPO等との連携により実施しているアートプロジェクトです。
東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故後の福島で、文化芸術による福島の復興、未来への模索を目的に2012年から活動しています。

「福島写真美術館プロジェクト」ははま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの一環です。2016年の活動の一つとして須賀川市文化振興課と連係し、須賀川市出身の写真家・村越としや氏と市内の遺跡撮影を行いました。須賀川市内には縄文時代から近世に至る数多くの遺跡が点在し、発掘調査が進められています。
本プロジェクトでは遺跡を通して浮かび上がる須賀川の土地の記憶、魅力を写真家の眼で捉え、発掘調査の成果をさらに魅力的にお伝えるすることを目指しました。この試みが地域の歴史への新たな関心を呼ぶきっかけとなることを期待しています。
ぜひご覧ください。

 

開催日時

2017年1月12日(木)~1月29日(日)※会期中無休

会場・観覧時間

牡丹会館
須賀川市牡丹園68 ※牡丹園内
9:00~17:00

入場料

無料

主催

須賀川市/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

展示作品

「福島2016」【写真作品】
作者:村越としや(写真家)

担当作家プロフィール

1980年福島県須賀川市生まれ。写真家。
2003年、日本写真芸術専門学校卒業。2009年、東京・清澄白河に自主ギャラリー「TAP」設立。2011年、日本写真協会賞新人賞受賞。2015年、さがみはら写真新人奨励賞を受賞。主な個展に「火の粉は風に舞い上がる」武蔵野市立吉祥寺美術館、主なグループ展に「写真の現在4そのときの光、そのさきの風」東京国立近代美術館など。個展やグループ展多数展開。 須賀川市内の実家と東京の仕事場を行き来し作品を撮影、制作。須賀川市の観光牡丹大使をつとめる。

トークイベント

「遺跡の調査と発信~写真家の眼から~」
日時:1月29日(日) 13:30~15:00
会場:牡丹会館
講師:村越としや(写真家)、菅野和博(須賀川市文化振興課学芸員)
参加費:無料
申込:不要

詳細はこちら

現在、松本市で開催中の
アートで伝える考える 福島の今、未来 in MATSUMOTO

12月23日(金・祝)に行うクロストーク「間(あわい)としてのふくしま」
会場を、awai art center から池上邸・蔵に変更します。

日時:12月23日(金・祝) 15:30~18:00
会場:池上邸・蔵
講師:本郷毅史(写真家)
玉井夕海(歌手・女優)
茂原奈保子(awai art center代表)
分藤大翼(信州大学准教授・文化人類学)

15:30~講師の玉井夕海さんのワークショップ映像を上映します。
16:00~トーク開始

**関連イベント**
トークに先立ち、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトで制作された映像作品を上映します。
日時:12月23日(金・祝) 13:00~15:00
会場:awai art center
上映作品:黒塚発信プロジェクト、いわき学校プロジェクト、福島写真美術館プロジェクト映像作品

※トークと映像上映会とで会場が異なっております。お間違えのないようお気を付けください。

皆様のご来場をお待ちしております。

matsumoto_flyer_omote
matsumoto_flyer_omote
matsumoto_flyer_omote