Blog

アートで伝える考える 福島の今、未来展 in MATSUMOTO

今年度、第3回となる成果展を長野県松本市で開催しました。

会期:平成28年12月7日(水)~12月23日(金・祝)
会場:awai art center、中町・蔵シック館、池上邸、信州大学附属図書館中央図書館

DSC_0040

プロジェクト参加作家の本郷毅史さんや、玉井夕海さんのご縁がつながりにつながって、
町中のアートスペースや大学図書館など、4箇所を会場として開催されました。
その分、搬入や展示は大忙し。
松本のみなさんの温かいご協力のもと、何とかぶじ開幕にこぎつけました。

awai art center
DSC_0035
DSC03265

町中の小さなアートスペース。
岡部昌生さんのフロッタージュ作品を展示しました。
小さな空間ではありますが、そこで岡部さんのイグネ(屋敷林)作品に取り囲まれる体験は、とても親密で新鮮なものでした。
また、カフェスペースには、岡部さんの蔵書も展示されました。実際に手にとって読むことができるという贅沢!

中町・蔵シック館
DSC_0007
DSC_0013

松本は蔵の町。蔵を活用した展示・イベントスペースに、夢の学び舎「好間土曜学校」と「豊間ことばの学校」で制作された作品と映像を展示しました。

池上邸
DSC_0022
DSC_0024
DSC_0031

こちらも蔵を利用した展示空間。
本郷毅史さんの「水源域・福島」と、片桐功敦さんの「Sacrifice」を展示。
松本のお隣、大町市に在住の本郷さんが、毎日通って展示を完成してくださいました。

信州大学附属図書館中央図書館
DSC03263
DSC03251

岩根愛さんの「Island in my mind」、赤阪友昭さんの「山に生きる」を展示。
ほかにいいたてミュージアムからも作品をお借りして、展示しました。

それぞれの空間のもつ雰囲気と作品との交感。
悩みどころでもあり、学芸員の腕の見せどころでもありますが、さて、今回の仕上がりはいかに(笑)

開催前日の12月6日(火)には、awai art centerでオープニングイベント、クロストーク「岡部昌生フロッタージュプロジェクト 記憶と記録」が開かれました。

DSC_0064
DSC_0076

講師は岡部さんご本人と、港千尋さん。
入りきれないほど人が集まり、会場には熱気が漂います。
長年、風雪から家を守ってくれたイグネ(屋敷林)。それらは、放射能汚染除去のためやむなく伐採されました。
また、伐採を免れたものの、被曝し続ける木々。
岡部さんはその断面や樹皮を、いくつもいくつも写し取っています。
それは、広島から福島に続く近代の抱える課題に触れ続ける所作でもあります。

床に置かれた、綿津見神社の大杉の断面は、いつも涙を連想させます。

最終日には、池上邸を会場にクロストーク「間(あわい)としてのふくしま」が開催されました。
DSC_0073

第一部は、参加作家の玉井夕海さんに、信州大学准教授で文化人類学者の分藤大翼さんを聞き手として、豊間ことばの学校で感じ取られたことをお話いただきました。
こどもたちから言葉を引き出すことの難しさ。ステレオタイプの言葉の裏にあるはずの、こどもたち一人一人の抱えた思い。
リズムが、波が、彼らの体に残っていくだろうこと。
人と海を隔てる巨大な壁を、ものともしないこどもたちの強さ。
こどもたちと夕海さんが作った「海のうた」の歌詞が配られ、会場のみなさんと一緒に歌う賑やかなトークになりました。

第二部は松本展開催のきっかけともなったお二人、写真家の本郷毅史さんと、awai art center代表の茂原奈保子さんにお話いただきました。
本郷さんが水源を撮り続けていることの背景には、遠くに行きたいという思いと、帰りたいという思いがあるということ。
相反するようでていて、表裏一体の思いは、人の持つ根源的な問いのように思えます。
どこから来て、どこに行くのか。
不器用でも、答えはでなくても、問い続けることが「現代」に必要なのではないかと思います。

DSC_0028

会場には本郷さんの奥様お手製のパンも並び、和やかな雰囲気に包まれてのトークイベントでした。

白でもなく黒でもない、正でも負でもない、境界にゆらゆらと存在するもの。
間(あわい)としてのアートは、ゆるやかにタブーを越え、静かに波紋をなげかけます。

DSC_0077

今回の成果展も、松本のみなさまの思いによって開催することができました。
ありがとうございました。

2017.02.28