Blog

トークイベント+ライブ「被災地のあなたへ―今、郡山で話す福島」

郡山市で開催中の成果展、トークイベント3本立ての最後は、
9月18日(月・祝)、華道家の片桐功敦さん、ラッパーの狐火さんをお招きしての「被災地のあなたへ―今、郡山で話す福島」です。

会場となった安積歴史博物館は旧福島尋常中学校として明治17年に創立された建物。
とてもよい雰囲気の中、トークは展示中の片桐さんの作品の前で行われました。

DSC_0139

片桐さんは、2013・2014年に、南相馬市に滞在しながら、津波被災地で死者に手向ける花を活けてこられました。
その頃のひりひりした感情、怒り、哀しみについてお話しいただきました。

21875804_1923893457935392_162773898_o

狐火さんは、福島出身のラッパー。
震災当時、東京におられ、福島の家族と音信不通だった3日間に考え続けた、
大切な人がいなくなってしまうかもれしない恐怖、それを引き起こした震災・原発事故について言葉にし音にのせ配信したことをきっかけに、以後、福島を伝える言葉と音楽を発信し続けています。

21908623_1923893424602062_1733259382_o

表現手段は異なりますが、どこか響き合うお二人。
今年は東京と広島で、お二人のトーク、パフォーマンスとライブを行っています。そして今回へと続きました。
花と言葉を武器に東京へのりこんだこと、8月の広島で深い共感を得たことについてお聞きしました。
そこに如実に見えるのは、都市間の温度差です。
深い傷を負い、それを伝え続けてきた広島。それ故にこそ、伝える方法に限界を見いだし、また新たな方向を模索している広島。
福島はどのような未来を描くのでしょうか。

最後は狐火さんのライブ。
片桐さんが花を活ける映像に、狐火さんの言葉が重ねられます。

21895221_1923893547935383_621995994_o
DSC_0162

振り絞られるような、締め付けられるような言葉の数々に、聞く者はただそこに立ち尽くし、打たれます。
原爆ドームが広島の記憶を伝えるモニュメントとなったように、
片桐さんの花が、狐火さんの言葉が、このひりひりした感覚とともに伝わっていく。
それを受け取る心をなくしてはいけない。

会場からは、千年先にこのことを伝えなければならない、そしてそれはできる、という力強い言葉をいただきました。

DSC_0144
DSC_0148

また、今回の会場には、片桐さんが私たちと結びつけてくださった方、狐火さんの存在を私たちに伝えてくださった方の姿が。
その出会いが次の出会いを生んでいく。
小さい声かもしれませんが、その声がまた誰かに届くことを願って、プロジェクトは続きます。

2017.09.23