Blog

夢の学び舎―いわき学校プロジェクト― 第2回好間土曜学校

2016年7月9日(土)

夢の学び舎―いわき学校プロジェクト―
いわき市立好間第一小学校のみなさんと行っている
「好間土曜学校~アートな自然~」の第2回目の様子をお届けします。
DSC_0065
好間土曜学校の看板が新しくなりました。
担当アーティスト・中津川さんのドローイングが描かれた看板は、透明な青色が印象的です。

今回は、3m×3mの大きな画面に、絵の具で線や点を描くワークショップ。
まだ何も描かれていない真っ白な画用紙には、何かぴんとした緊張感があります。
これから何が起こるのか待っているようです。
DSC_0194 (1)
色とりどりの絵の具もスタンバイ。
DSC_0066

どの色にしようか。
カラフルに並んでいると、それだけでちょっと楽しくなります。
DSC_0071-2
DSC_0079

うすい絵の具を使って、いよいよ描き始めます。
最初は1人で、次は3人で。
周りのこどもたちは、描き手のお友達の手元をじっと見つめます。
DSC_0084 DSC_0087

全員で描き始めます。
さあ、ここからが好間っ子の本領発揮。どんどん勢いがついていきます。
ゆっくり、ぎざぎざ、水玉もよう・・・。
色の雨を降らせよう・・・。
なかっつの言葉に合わせて、色々な線が引かれていきます。
DSC_0096
DSC_0090
DSC_0109
DSC_0110
DSC_0115

友達と絵の具を交換して、新しい色を調合する子や、
手や足を使って描き始める子。
DSC_0107
DSC_0111
DSC_0126

次は濃い絵の具に持ちかえて、好きな動物や乗り物を描いていきます。
DSC_0125
DSC_0132

絵の具をぶちまけた上を滑ってみては、尻餅をついて体中絵の具だらけ。
ぬるぬるする絵の具の感触が、段々気持ちよくなってくるようです。
そうして塗り込められた上に、星をまく子もいました。
それぞれのやり方で楽しむこと。
それはとても大切なことのように思えます。
DSC_0134
DSC_0136

最終的にはここまでになりました。
DSC_0141
DSC_0142

最後に感想を言ってもらいました。
混ぜたら新らしい色ができて面白かった、絵の具をこんなふうに使ったのは初めてだった、などなど。
泥遊びや、道路への落書きなどをあまり見かけなくなった今、
こどもたちにとって、絵の具にまみれて体中で描くことは新鮮な体験だったようです。
DSC_0147

次回は最終回となります。
今回描いてもらった画面をもとに、新たな「いのちの物語」が生み出されます。
お楽しみに!

2016.07.13