Blog

現地視察ツアー 福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~

2月17日・18日・19日の三日間、今年度2回目となる現地視察ツアー「福島・文化・文化財〜被災地のミュージアムと文化財のこれから〜」を企画実施しました。

2月17日(金) 福島県立博物館
2月18日(土) 南相馬市博物館~南相馬市福浦小学校~朝日座
2月19日(日) アートスペース盛高屋~双葉町歴史民俗資料館~ヘルスケアーふたば~復興祈念公園・アーカイブ拠点施設予定地

image1

福島県立博物館で開催中の展覧会「アートで伝える考える 福島の今、未来」は、ふくしま震災遺産保全プロジェクトの資料と展示室を共有しています。その見学と展示室でのダイアローグから始まり、南相馬市博物館、レスキューされた文化財が保存されている福浦小学校、そしてレスキューにより展示室がほとんど空になった双葉町歴史民俗資料館、双葉町のご厚意ににより町内の老人介護施設、復興祈念公園予定地を巡りました。

南相馬市博物館で震災前の環境を伝える植物標本の数々を見た後、福浦小学校に向かいました。同校は南相馬市小高区にあるごく普通の鉄筋コンクリート造の小学校ですが、そこに通う生徒はいません。代わりに教室のいくつかには民具や文書が所狭しと収蔵されています。子どもたちが毎朝登校したであろう玄関に一艘の木造の小舟が置かれていました。
福島県立博物館の総合展示室にはかつて浪江町請戸の沿岸で使われていた木造船が展示されています。その舟をすぐに思い出しました。これら資料は、もとのあるべき場所を離れ、幾度もの流転を経て、かつての子どもたちの学び舎にたどり着いたのでした。今も流転は続いているのです。

DSC_0079
image1 (1)

二日目最後は南相馬市原町区の映画館朝日座でこの日の振り返りを行ないました。初対面のグループでの対話に戸惑った方もおられましたが、登録文化財の建物で行った対話は貴重な体験となったようです。朝日座を楽しむ会のみなさまありがとうございました。

DSC_0123

三日目は、いわき駅前のアートスペースとしてすっかり地域に定着したもりたか屋さんでのレクチャーからスタート。双葉町歴史民俗資料館学芸員の吉野さんから震災後の双葉町の現状をお聞きし、双葉町に向かいました。

DSC_0156

警戒区域のゲートでチエックを受け、町内へ。子どもたちが学ぶべき場所に資料が詰め込まれた小学校の裏返しのように双葉町歴史民俗資料館の展示室にあるべきはずの展示資料は今はありません。警戒区域にある同館の資料はほとんどがすでにレスキューされています。吉野学芸員さんが話していました。資料館には学校帰りの子どもたちが良く遊びに来ていたそうです。子どもたちはごく自然に地域の文化と文化財に親しんでいたことでしょう。資料館は地域の文化に育ちつつありました。

image1 (2)

次いで訪れた老人介護施設の中は、電気が切られ闇に包まれた資料館とは対称的に大きな天窓から冬の日差しがさんさんと降り注いでいたました。ここも福島県内にいくつもある一日だけの避難所の一つです。室内のテーブルにはチラシを折って作られたくず入れが置かれていました。それはおそらくリハビリの一環でもあったのでしょう。くず入れの中にはお菓子の袋が入っていました。さっきまでそこの陽だまりで楽しい茶飲み話しが行われていたかのようです。

image1 (3)

南相馬市の詩人若松丈太郎さんは、原発事故の避難によって人影が消えた町を「神隠し」にあったと綴りました。神隠しはこの一帯でリアルとなりました。受付には胡蝶蘭の鉢が置かれ鮮やかな花が垂れ下がっていました。触れてみましたが、それはプラスチックでした。

根ざした地を離れ仮の場に置かれ続けるモノたちがいる。安住の地を得て、子どもたちの声に応え地域の文化に貢献していた資料館のモノたちはそこを追われた。モノたちと同じ苦難にある福島の人たちを思わずにはいられません。

21世紀の神隠しの記憶は文化財でしょうか。少なくとも、この記憶を伝え残す努力は、将来、文化と呼ばれても良いのではないでしょう。
ツアーの最後に立ったのは復興祈念公園予定地。双葉町の橋本係長様に計画をご説明いただきました。復興拠点のこの場から双葉町が再生することを祈ります。

image2 (1)

今回のツアーでは、終始映像監督の藤井光さんが同行し記録映像を撮影しました。今回のツアーが文化財となる日に備えて。

(川延安直)

2017.02.20