Blog

福島写真美術館プロジェクト 写真家・岩根愛さんの双葉町盆踊り取材に同行しました

8月12日(土)いわき市南台の仮設住宅で、双葉町のみなさんによって「夢ふたば人仮設盆踊り」が開催されました。
DSC_0179[1]

ハワイの日系移民の歴史や文化を取材されてきた、写真家の岩根愛さん。
福島県はハワイへの移民が多かった県の一つ。福島の盆踊りが伝えられ、ハワイでは盆ダンスとして定着しています。
岩根さんは現在、数百年の歴史を持つとされる双葉盆唄をハワイに伝える取り組みを追いかけています。

双葉町の盆踊り。
東京電力福島第一原子力発電所の事故により、帰還困難区域となった双葉町。
毎年盛大に行われていた盆踊りもなくなり、盆唄は存続の危機に瀕しましたが、
双葉町を離れて暮らす太鼓、笛、唄、踊りの名手たちが集い、いわき市の仮設住
宅で盆踊りを復活させました。
今年は6回目の開催となります。

お昼には会場のセッティングがなされ、準備が整えられていきます。
DSC_0013[1]
DSC_0024[1]
やぐらの上ではリハーサル。太鼓をたたくのが楽しくて仕方がない、といった様子の標葉せんだん太鼓保存会の横山さんと今泉さん。
やぐらを降りた後も、拍子をとって本番に備えます。

取材・撮影する岩根さんの準備も進められていきます。
DSC_0040[1]
DSC_0042[1]

やぐらには、各演奏団体の名称が記された垂れ幕が取り付けられました。
今年9月に成果展を行う郡山女子大学生活芸術学科の学生さんたちがデザインしてくれた垂れ幕です。
DSC_0050[1]
DSC_0070[1]
成果展ではこの垂れ幕も展示いたしますので、ぜひご覧ください。

盆踊り開始直前。
岩根さんの360度カメラによって、双葉町のみなさんの集合写真を撮影しました。
DSC_0137[1]
DSC_0146[1]
DSC_0148[1]
初めて見るカメラに驚きながらも、みなさんとても素敵な笑顔。

こどもたちも楽しそうです。
DSC_0127[1]
DSC_0135[1]
DSC_0220[1]

さあ、提灯に火が入り、いよいよ盆踊りの開始です。
DSC_0159[1]
宵闇が深まるにつれ、不思議な者たちが現れ始めます。
DSC_0249[1]
DSC_0263[1]
DSC_0279[1]
そして美しい人も
DSC_0273[1]

盆踊りは死者を迎える踊り。送る踊り。
この怪しげな者たちに交じって、先祖たちも踊っていることでしょう。

最後には岩根さんも盆踊りの輪の中に。
DSC_0298[1]

年に一度の盆踊りを、復活させた人々。
この日には、各地に離れて住む双葉町の住民が集います。
ですが、ここは双葉町ではない、という事実。
その重さを引き受けながら、盆踊りは美しく儚く、楽しく、少し切なく、終わりの時間を迎えました。

9月に郡山女子大学で開催される成果展では
岩根さんが撮影した双葉町の方のポートレイト、集合写真を展示いたします。
9月9日(土)には、岩根愛さん、双葉盆太鼓奏者の横山さん、今泉さんによるトークイベントも開催いたします。
お運びいただけたら幸いです。

2017.08.16