Blog

福島写真美術館プロジェクト成果展福島フォーラム「福島で撮る」を開催しました。

12月20日福島写真美術館プロジェクト成果展福島フォーラム「福島で撮る」を開催しました。
いわき会場に続き二回目の写真美術館フォーラムはプロジェクト参加作家の写真家赤阪友昭さん、華道家の片桐功敦さん、そして郡山市を拠点に「福島の花」シリーズで商業写真の分野で活動する野口勝宏さん、東京電力福島第一原子力発電所のルポを敢行したフォトジャーナリストの小原一真さん、モデレーターに写真評論家の飯沢耕太郎さんをお招きした今回はまた一歩福島写真美術館に近づけたようです。
写真美術館フォーラム2
飯沢さんの基調講演では、写真美術館の三本柱が提案されました。過去・現在・未来です。過去に撮り貯められた膨大な写真、プロ・アマ問わず、そのアーカイブとしての重要性に目を向ける。現在とは、もちろん東日本大震災後、東京電力福島第一原子力発電所事故後の現在です。これは福島写真美術館プロジェクトが取り組んでいること。さらに未来、未来を担う子供たちが映像、写真に親しむワークショップです。大変大きな構想ですが、これが今後の骨子となっていくだろう予感を持ちました。
写真美術館ファオラム1
次いで行われた赤阪さん、片桐さん、野口さん、小原さんの活動報告からは写真を巡る活動の多様性が浮かび上がりました。
講演後のみなさんとの懇談では、大きな収穫がありました。県外での福島写真美術館プロジェクト成果展の開催案です。参加作家、飯沢さんのネットワークを通して長野、京都、東京での開催を検討することになりました。
また一つ福島の姿を伝える手立てができたことに感謝です。

(川延安直)

2014.12.24