Blog

豊間ことばの学校

いわき市立豊間小学校で行っている「夢の力プロジェクト 豊間ことばの学校」は、子どもたちの思いや考えを言葉にし、伝える力を培いたいという学校とPTAの方針に、少しでもお手伝いをしたいとスタートしたプロジェクトです。
1学期に行った4回の先生は、吉田重信さん、新井英夫さん(2回)、千葉清藍さん。絵、身体、書という異なる表現方法での「ことば」へのアプローチは、実にさまざまで、言葉がいかに表現の基盤にあるかを実感することになりました。
吉田重信WS1

吉田重信WS2

新井英夫WS1

千葉清藍WS1

2学期は、女優・声優にして映像作家の玉井夕海さん(3回)と千葉清藍さんが先生。玉井さんによる、思いを言葉にする、言葉に音を探すという授業は、とても刺激的なものでした。
間もなく行われる最終回(3回目)では、音と言葉と体による表現の融合を試みる予定です。

玉井夕海WS1

千葉清藍さんは、気持ちを置き換える言葉探し、そしてそれを筆と墨で記すことの面白さを教えてくれました。

千葉清藍WS2

子どもたちはいつも元気に楽しんでくれていますが、時折、震災の陰が現れます。それを受け止め、それでも立って、歩んでいける強さを、この子たちが持てるかどうか。そのための模索であり、大人の責任も考えさせられる「豊間ことばの学校」なのです。

(小林めぐみ)

2014.10.29