Blog

2016年6月3日(金)、5日(日)
飯舘村の記憶と記録プロジェクト

写真家の岩根愛さんによるプロジェクトが動き出しました。
飯舘村の方に飯舘の暮らしのお話をお聞きし、
その方の大切な場所で360度パノラマ写真を撮影。
言葉と写真で、過去と現在の飯舘村を記憶し伝えていきます。

6月3日(金)
飯舘村の消防団長を長く務められた荒利喜さんにお話をお聞きし、撮影を行いました。
飯舘村飯樋地区のみなさんに様々な品を供給してきた荒商店の店主にして、消防団長だった荒さん。
撮影は、築90年というご自宅の前。
お向かいの荒商店ももちろん映ります。

ご自宅前にて

ご自宅前にて

荒さんは消防団長の制服を着て撮影に臨まれました。
荒家の長男としての荒さん。
荒商店の店主として地域に尽くしてきた荒さん。
消防団長として震災前後、休む間もなく飯舘村のために働いてきた荒さん。
3人の荒さんは、きっと岩根さんの写真のなかで融合して現れることでしょう。

撮影前後にお聞きしたお話は、今と昔を行き来しながら豊かに広がりました。

荒さんからお話を伺う岩根さん

荒さんからお話を伺う岩根さん


築90年の荒さんの思い出が詰まったご自宅は、震災と避難中の豪雪の影響のため、今年壊すことに決められたそうです。
愛おしげにご自宅を眺める荒さんの表情。きっと忘れないと思います。

6月5日(日)
引き続き、岩根さんによる撮影が飯舘村で行われました。
今回の撮影地は飯舘村内で警戒区域となっている長泥地区。
Sさんのご協力を得て除染の仮置場を撮影。

除染・・・

除染・・・


その後、Sさんご夫婦から飯舘村でのかつての暮らし、震災後の暮らしについてお話を伺いました。
農業のご苦労、畜産の工夫、震災後のストレスなど2時間以上お話をお聞きすることができました。
13343087_818326098269494_4776464589249870280_n13394004_818326108269493_3335666295424120012_n
飯舘村での暮らしを語るSさんご夫妻

飯舘村での暮らしを語るSさんご夫妻

まだまだ先が見えないことのご心労がこちらにも伝わってきました。
空になった牛小屋の暗がりと初夏の緑が心に残る6がつの飯舘村です。