Blog

2016年9月9日(金)・10日(土)
黒塚発信プロジェクトの公演「KUROZUKA 闇の光」が、安達ヶ原ふるさと村で開催されました。

dsc_0040

安達ヶ原の鬼婆伝説。
都の姫に使える乳母が、姫の病を癒すという生き肝を求め、安達ヶ原に流れ着く。
乳母は旅の女を殺し、念願の生き肝を手に入れる。
しかし、その女の懐中に乳母が見たのは、都に残してきた娘に渡したお守りだった。
悲しみのため、乳母は鬼女と化す。

この物語の底辺には東北という地が担わされてきた悲しみ、中央と周縁のテーマが流れています。

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトではこの物語をテーマに、トークイベントや映像作品の制作を行ってきました。
2014年「KUROZUKA 黒と朱」、2015年「KUROZUKA 黒と光」に引き続き、
今年は舞踏家の舘形比呂一主演で「KUROZUKA 闇の光」が制作されました。

公演の場所は伝説の地、二本松市の安達ヶ原。
日が沈み、開演前の緊張感が漂います。
dsc_0029
dsc_0012-2

乳母のシルエットで物語は始まります。
(ただ、暗闇の中、フラッシュ撮影厳禁だったため、写真の精度に限界があることをご了承ください・・・。)
dsc_0030

老女、若い女、鬼女を、舞踏家はしなやかに劇的に舞います。
dsc_0034
dsc_0052

dsc_0059

一筋の光にさしのべられた手。
救いが暗示されて舞台は終わりました。

深い悲しみと怒り。東北の業。
舞踏家の身体はそれを体現し、見事に昇華していました。

dsc_0005