News

「アートで伝える考える 福島の今、未来」in浜松

 

hama
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト、2015年度は長野県大町市からはじまり、静岡市、京都市と繋がった成果展のバトン。
アンカーは静岡県浜松市、鴨江アートセンターです。

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故から5年を迎え、その記憶も薄れつつあります。しかし、巨大地震と原子力発電所事故が福島に限らない課題であることはこの国の多くの人が共有し続けなければなりません。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、文化・芸術の視点から2011年以降福島が抱えている課題に向き合ってきました。
本展は、浜松市で地域に根差したアートプロジェクトを実施している鴨江アートセンターとの共催により開催。はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトで生まれた作品を通して、2011年以降の福島を伝え、ともに考える場をつくります。
会期最終日の2月28日(日)には「福島でレジデンス制作をすること」をテーマに、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトに参加し実際に福島でレジデンス制作をした華道家の片桐功敦さんと写真家の本郷毅史さんをお迎えし、地域に滞在して制作することの意味やアートと社会の関係についてお聞きします。

会期

平成28年2月18日(木)~2月28日(日)
※2月22日(月)は休室

観覧時間

10:00~18:00

会場

鴨江アートセンター
(〒432-8024 静岡県浜松市中区鴨江町1)

入場料

無料

展示作品

「福島の記憶と記録」【フロッタージュ作品】
作者:岡部昌生(美術家)
制作年:2012~2015年

「sacrifice」【写真作品】
作者:片桐功敦(華道家)
制作年:2013~2014年

「distance」【写真作品】
作者:赤阪友昭(写真家)
制作年:2014~2015年

「水源域・福島」【写真作品】
作者:本郷毅史(写真家)
制作年:2014~2015年

「Island in my mind」【写真作品】
作者:岩根愛(アーティスト・写真家)
制作年:2015年

「福島祝いの膳プロジェクト」【ミクストメディア】
作者:中山晴奈(フードアーティスト)
制作年:2014年

「飯舘中学校ふるさと学習 飯舘村飯樋町の田植え踊り」【写真・映像作品】
作者:赤間正昭(写真家)
制作年:2015年

「豊間ことばの学校・好間土曜学校」【造形作品】
講師:乾久子(美術家)、千葉清藍(書道家)ほか
制作年:2014~2015年

トークセッション「福島でレジデンス制作をすること」開催日時

平成28年2月28日(日)15:00~17:00

会場

鴨江アートセンター

出演者

片桐功敦(華道家/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家)
本郷毅史(写真家/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト参加作家)
モデレーター:小林めぐみ(福島県立博物館学芸員/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局)

参加費

無料

お申込み

要お申込み
お申込み先・・・鴨江アートセンター
※参加ご希望の方は、イベント名(トークセッション「福島でレジデンス制作をすること」)、氏名、電話番号と共にE-mailまたはお電話でお申し込みください。
TEL:053-458-5360
E-mail:k.a.c@kamoeartcenter.org

共催

鴨江アートセンター

後援

中日新聞東海本社/静岡新聞・静岡放送

協力

NPO法人クリエイティブサポートセンターレッツ

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
アートで伝える考える 福島の今、未来【浜松】 A4チラシ

2016.02.04