News

アートで伝える考える福島の今、未来展 in Kyoto  プレトークイベント 記憶の共有 心の共感

4

5

これまでの活動成果を通した発信の重要性を捉え、過去・現在・未来の福島を伝え、福島が抱えた課題を広く日本の問題として共有しようとする「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展」を各地で開催しています。2017年12月には、京都市内の複数会場で成果展を開催する予定です。そのプレイベントとしてトークイベントを2日間にわたって開催します。

1日目「福島に寄り添った証言者たち」
京都は震災直後から東北支援を続けている地域の一つ。震災から6年を過ぎた今、支援について考えたいと思います。震災後の原発事故により、関西にも東日本から多くの方が避難しました。それを機に新たなネットワークが生まれ、避難された方々は新しい地で新しい暮らしを始めています。そうした動きを支援してくださった方々、団体の活動を今一度振り返ることで、この経験を新しい社会につなげていきたいと思います。支援者と避難者をつなぐ活動に尽力されている山内正太郎さんと震災直後福島県最大の避難所だったビックパレット福島の運営にあたられた天野和彦さん、福島県いわき市で被災後、関西に移住し制作活動を続けている安藤栄作さんをお招きし、お話しをうかがいます。

2日目「痛みの記憶を伝えるために」
平安京以来、文化の中心として固有の位置を占める京都は、歴史の記憶と消失を繰り返してきた地です。福島、この国のみならず人類史に残る負の歴史となった東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故の記憶を伝え残すことは私たちが負った未来への責務です。この課題に向き合い文化財と文化の視点から福島での取材・制作に取り組んでいる映画監督・藤井光さん、阪神淡路大震災で全壊判定を受けた住宅をリノベーションした「ゼンカイハウス」、事故を起こした原発の記憶を絶やさないための「福島第一原発神社」構想で知られる建築家の宮本佳明さんのお二人のトークからアートによる災害と歴史の記憶の継承について、京都の地で考えます。

 

開催日時

プレトークイベント1「福島に寄り添った証言者たち」 
2017年8月4日(金)18:00~20:00
プレトークイベント2「痛みの記憶を伝えるために」  
2017年8月5日(土)13:30~15:30

会場

プレトークイベント1 ちおん舎 (京都市中京区衣棚三条上る突抜町126)
プレトークイベント2 KYOTO-BA 京都場 (京都市中京区西ノ京南聖町6-5) 

入場料

無料

主催・協力

主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
協力:ちおん舎、京都場

講師

プレトークイベント1「福島に寄り添った証言者たち」
山内正太郎(一般社団法人関西浜通り交流会代表理事)
天野和彦(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任教授/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員)
安藤栄作(彫刻家)

プレトークイベント2「痛みの記憶を伝えるために」
宮本佳明(建築家)
藤井光(美術家/映画監督)

詳細はこちら

2017.07.16