News

トークイベント+標葉せんだん太鼓公演「文化でつなぐふるさと」

プログラム

東日本大震災、および東京電力福島第一原子力発電所事故によって帰還困難区域となった双葉町。
民謡の宝庫と言われる福島県浜通りにあって、双葉町にも数百年の歴史をもつ盆唄が伝わり、毎年盛大に盆踊りが行われていました。
今、離れて暮らす町民にとって、その継承が問題となっています。
ハワイの日系人文化の中で伝わってきた盆ダンスと福島をつなぐ活動をしてきた写真家の岩根愛さんと、双葉町の盆踊りを伝えるみなさんが出会ったことで、新たな動きが生まれました。
このトークイベントでは、土地にとって文化がもつ意味、文化の継承について考えていきたいと思います。あわせて双葉町のみなさんの太鼓の演奏もお楽しみください。
ご来場をお待ちしております。

 

開催日時

2017年9月9日(土)14:00~16:30

会場

郡山女子大学建学記念講堂小ホール(郡山市開成3丁目25-2)

入場料

無料

申込

不要

主催・協力

主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会、郡山女子大学・郡山女子大学短期大学部

講師

岩根愛氏(写真家)
横山久勝氏(標葉せんだん太鼓保存会会長)
今泉春雄氏(標葉せんだん太鼓保存会副会長)
聞き手:塚本麻衣子(福島県立博物館学芸員/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局)

詳細はこちら

2017.09.06