News

企画展「アートで伝える考える 福島の今、未来」、長野県大町市にて開催。

アートで伝える考える福島の今、未来A4チラシ表

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは2012年からはじまり、今年度で4年目を迎えました。
活動を通して様々な美術作品が生まれ、そのどれもが福島の文化や自然の豊かさ、そして震災の記憶を伝える、福島の貴重な財産となりました。今回長野県で開催する「アートで伝える考える 福島の今、未来」は、2012年から2014年にかけての3年間で、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの活動の中から生まれた美術作品を通して、復興に向かう福島の姿を伝え、広く共有すべき問題をともに考えるようとするものです。様々な表現手法による美術作品は、伝え、問いかけるアートの力をあらためて来場者に実感させてくれることでしょう。
あわせて、素晴らしい自然環境の中、福島県の児童の保養事業を継続して実施してくださり、先進的文化芸術活動を展開している大町市で行う本展が、大町市・大町市教育委員会様とはま・なか・あいづ文化連携プロジェクトとの協働により開催されることで、大町市、長野県と福島県との交流のきっかけとなることを願っています。
開催初日の7月31日には企画展オープニングセレモニー、本プロジェクトを企画運営している福島県立博物館の学芸員によるギャラリー・トークを行います。

企画展会期

平成27年7月31日(金)~8月23日(日)
※毎月曜日休館

観覧時間

10:00~18:00

会場

ギャラリー・いーずら
〒398-0002 長野県大町市大町3300-1 いーずら大町特産館2F

入場料

無料

協力

大町市美術振興専門委員/原始感覚美術実行委員会/信濃大町食とアートの廻廊実行委員会

主催

大町市教育委員会/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

展示作品

「北屋形の神楽」【映像作品】
  作者:開発好明(美術家)
  制作年:2012年
「飯舘中学校ふるさと学習 飯舘村飯樋町の田植え踊り」【映像作品】
  作者:小野良昌(写真家)
  制作年:2013年
「カメラを持って、小さな旅をしよう!」【写真作品】
  企画・指導者:今井紀彰(アーティスト・写真家)
  制作年:2013年
「豊間ことばの学校・好間土曜学校」【造形作品】
  企画・指導者:千葉清藍(書家)、君平(美術家)等
  制作年:2014年
「福島祝いの膳プロジェクト」【ミクストメディア】
  作者:中山晴奈(フードアーティスト)
  制作年:2014年
「福島の記憶と記録」 【フロッタージュ作品】
  制作:岡部昌生(美術家)
  制作年:2012〜2014年
「黒と朱 KUROZUKA」【映像作品】
  主演:平山素子(コンテンポラリーダンサー)
  監督:高明(映画監督)
  企画・美術:渡邊晃一(美術家)
  制作年:2014年

オープニングセレモニー

オープニングセレモニーに併せて福島県立博物館の学芸員によるギャラリー・トークを行います。

日時

平成27年7月31日(金)
10:00~11:00

詳細はこちら
アートで伝える考える 福島の今、未来 A4チラシ

2015.07.20