News

企画展「アートで伝える考える 福島の今、未来 in ASHIKAGA」

足利展チラシデータ-1

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故から5年が経過し、その記憶は早くも薄れつつあります。しかし、巨大地震と原子力発電所事故が福島に限らない課題であることは、この国の多くの人が共有し続けなければなりません。はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、文化・芸術の視点から2011年以降福島が抱えている問題に対して、向き合ってきました。

本展で成果をご覧いただくのは、いくつか実施しているプロジェクトのうち「岡部昌生フロッタージュプロジェクト」「福島写真美術館プロジェクト―南相馬環境記録プロジェクト」。

フロッタージュ(擦り出し)の技法で都市、地域、近代の記憶の記録に取り組むアーティスト岡部昌生氏、花道みささぎ流家元として花を活ける行為のアニミズム的根源に触れる多彩な活動を展開している片桐功敦氏の作品を展示します。

岡部昌生氏は東日本大震災の翌年2012年から津波被害と東京電力福島第一原子力発電所事故の大きな被害を受けた南相馬市からプロジェクトを展開、その後プロジェクトは飯舘村、大熊町など原発事故の被害を強く受けた地域に広がっています。

片桐功敦氏は2013・2014年度に本プロジェクトに参加、南相馬市に長期滞在を行い津波被災地で亡くなった命へ捧げる花を写真に記録しました。

福島県でもっとも大きな犠牲を強いられた地域の一つ南相馬市での2人のアーティストの活動から生まれた作品を通して、風化が進む東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故の記憶を今一度共有したいと思います。

 

開催日時

2016年9月6日(火)~9月14日(水)

観覧時間

10:00~17:00

会場

足利商工会議所友愛会館1階 ギャラリーカッサ・市民ギャラリー
〒326-8502 栃木県足利市通3丁目2757

入場料

無料

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

協力

足利商工会議所、足利市立美術館

展示作品

「仲板耕地整理の碑」他 【フロッタージュ作品】
作者:岡部昌生(美術家)/制作年2012~2015年

「Sacrifice」 【写真作品】
作者:片桐功敦(華道家)/制作年2013~2014年

トークイベント

「足尾の記憶・福島の未来」
日時:9月10日(土) 14:00~16:00
会場:足利商工会議所友愛会館4階 会員サロン
講師:川島健二氏(民俗学研究者・群馬県邑楽町文化材保護調査委員)
皆川俊平氏(WATARASE Art Project代表)
篠原誠司氏(足利市立美術館学芸員)
参加費:無料
申込:不要

ギャラリートーク

日時:9月11日(日) 11:00~12:00
会場:足利商工会議所友愛会館1階 ギャラリーカッサ・市民ギャラリー
講師:小林めぐみ(福島県立博物館学芸員)
参加費:無料
申込:不要

詳細はこちら

2016.08.21