News

企画展「福島写真美術館プロジェクト+新発田」

%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトで展開しているプロジェクトの一つ「福島写真美術館プロジェクト」は、震災・原発事故後いち早く福島での取材・発信を行っていた写真・映像による表現に注目し、福島における写真表現の意義を捉え直そうとするものです。
福島の自然の美しさ。人々の暮らしの尊さ。震災の爪痕。日々の中に落ちている原発事故の影。
それら福島の文化の豊かさと解決すべき問題について、写真や映像だからこそ伝えられる、問いかけられるアプローチを、本プロジェクトは試みてきました。
2012年から2016年にかけて福島を訪れ、それぞれの視点で「福島の今」を捉え、留めた写真家・作家たちの真摯な制作の成果は、ひとり福島のためのみではなく、日本の将来が抱えるであろう課題へのヒントとして、広くこの国で共有されるべきものと考えます。
その共有の場として「写真が伝える町の記憶」をコンセプトに活動を続けている写真のまちシバタ・プロジェクト実行委員会様との協働により成果展を開催いたします。

開催日時

2016年10月19日(水)~11月4日(金)

観覧時間

[平日]13:00~17:00 [土日祝]10:00~17:00

会場

金升酒造 二號蔵ギャラリー
〒957-0016 新潟県新発田市豊町1-9-30

入場料

無料

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

共催

写真の町シバタ・プロジェクト実行委員会

協力

敬和学園大学

展示作品

「Fukushima Samurai」【写真作品】
作者:高杉記子(写真家)

「Sacrifice」【写真作品】
作者:片桐功敦(華道家)

「未知(みち)の道」【写真作品】
作者:安田佐智種(美術家)

「水源域・福島」【写真作品】
作者:本郷毅史(写真家)

「山で生きる」【写真作品】
作者:赤阪友昭(写真家)

「飯舘村飯樋町の田植え踊り」【映像作品】
作者:赤間政昭(写真家)

「Island in my mind」【写真作品】
作者:岩根愛(写真家)

「願う者は叶えられるか」【写真作品】
作者:土田ヒロミ(写真家)

「福島2015」【写真作品】
作者:村越としや(写真家)

トークイベント

オープニングイベント トークセッション「写真家の見た福島」
日時:10月18日(火) 18:00~19:30
会場:金升酒造 蔵カフェ
講師:片桐功敦(華道家)、本郷毅史(写真家)
司会:川延安直(福島県立博物館学芸員/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事務局)
入場無料/申込不要

トークイベント「写真の力と土地の記憶」
日時:10月26日(水) 19:00~20:30
会場:金升酒造 蔵カフェ
講師:飯沢耕太郎(写真評論家)、村越としや(写真家)
司会:川延安直
入場無料/申込不要

トークイベント「写真と記憶 シバタ・フクシマ」
日時:11月2日(水) 19:00~20:30
会場:金升酒造 蔵カフェ
講師:港千尋(写真家/著述家)、原亜由美(写真の町シバタ・プロジェクト実行委員会実行委員)
司会:小林めぐみ(福島県立博物館学芸員/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事務局)
入場無料/申込不要

ギャラリートーク

日時:11月3日(木・祝) 11:00~12:00、15:00~17:00
会場:金升酒造 二號蔵ギャラリー
講師:福島県立博物館学芸員

詳細はこちら

2016.10.11