News

第2回グランド・ラウンドテーブル「震災から5年 鎮魂・忘却・創造」

GRT南相馬A4チラシ表
東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故から4年半、被災地では日常の回復とともに震災の記憶の風化が進んでいます。津波被害と原発事故の二重の苦難を経験した南相馬市には、多くのボランティア団体、市民グループ、個人が足を運び、滞在し、あるいは住民となって復興に力を合わせました。震災直後に比べ現在はそれらの活動にも消長が見られることは当然ですが、現在もなお継続している活動には震災からの復興を超えた普遍性が見られるのではないでしょうか。そこには、南相馬に限らない、震災を経験した福島であるからこその未来へのヒントが隠されているように思えます。
第2回グランド・ラウンドテーブルでは震災から4年半を経過した南相馬・福島の状況と未来を参加者のみなさんと共有する場を作りたいと思います。

日時

11月27日(金)・28日(土)

詳細

第1部 講演+ラウンドテーブル1 「震災から5年 鎮魂・忘却・創造」
11月27日(金)13:30~17:30
年月を経ても決して忘れてはいけない「鎮魂」の思い、前に進むための「忘却」、そして苦難を乗り越えた先に立ち上がる「創造」。第1部は、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトで南相馬市に長期滞在制作を行なった片桐功敦さん、地域の民俗を長年研究している岩崎真幸さん、震災後災害FMの番組を通じて地域の方との対話を継続し2015年からは南相馬市に転居した柳美里さん、南相馬市小高区出身で震災後にシェアオフィス「小高ワーカーズベース」を設立した和田智行さんに登壇いただき、この3つのキーワードを指針にした自由な語りの広場とします。
【会場】
南相馬市市民情報交流センター(大会議室)
南相馬市原町区旭町二丁目7番地の1
【参加定員】
50名
【申込み】
不要
【登壇者】
岩崎 真幸(みちのく民俗文化研究所代表)
片桐 功敦(華道家)
柳 美里(小説家、劇作家)
和田 智行(小高ワーカーズベース代表)
【タイムスケジュール】
13:30〜13:40 イントロダクション「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト報告」
13:40〜14:10 講演①岩崎 真幸「双相地域の民俗と震災」
14:10〜14:40 講演②片桐 功敦「被災地で生ける花」
14:40〜15:10 講演③柳 美里 「南相馬に暮らして」
15:10〜15:40 講演④和田 智行「小高で仕事を作る」
休憩
15:50〜17:30 ラウンドテーブル1「震災から5年 鎮魂・忘却・創造」


第2部 ワークショップ 「大堀相馬焼に生ける花」
11月28日(土)10:30~12:00
第2部は、南相馬市小高区の同慶寺が会場です。住民の帰還へ向けて準備が始まっている小高区での活動を支援するとともに、隣設する浪江町ではいまだ帰還が果せない現状についても共有したいと思います。江戸時代からの歴史を持つ浪江町の伝統工芸品・大堀相馬焼。大堀相馬焼春山窯の御協力を得て、講師の華道家・片桐功敦さんと大堀相馬焼を花器に同慶寺本堂を花で飾るワークショップを開催します。
【会場】
同慶寺
南相馬市小高区上広畑246
【参加定員】
25名
【申込み】
必要
ワークショップへのご参加のみ、お申込みが必要です。
先着順に25名までお申し込みを受け付けております。
下記はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事務局までお電話にてお申し込みください。

【講師】
片桐 功敦
【持ち物】
ハサミ(お持ちの方は剪定ハサミ)をご持参ください。


第3部 講演+ラウンドテーブル2 「ここから始める」
11月28日(土)13:00~16:00
第3部では、第2部で大堀相馬焼と花に寄せた「鎮魂」の想いに囲まれながら、柳美里さん、片桐功敦さん、そして同慶寺住職の田中徳雲さんを囲んで、困難な状況にある浪江町の文化継承について、南相馬から問いかける命の大切さや未来について語り合います。双相地域の歴史の基盤を作った相馬家の菩提寺での対話が、双相発の新しい文化の発想を生み出すことを願っています。
【会場】
同慶寺
南相馬市小高区上広畑246
【参加定員】
50名
【申込み】
不要
【登壇者】
柳 美里
田中 徳雲(同慶寺住職)
片桐 功敦
【タイムスケジュール】
13:00〜13:10 イントロダクション
13:10〜13:30 講演①柳 美里 「ここから始める」
13:30〜14:00 講演②田中 徳雲「震災と原発、そして命」
14:00〜14:30 講演③片桐 功敦「大堀相馬焼に生ける花」
休憩
14:40〜16:00 ラウンドテーブル2「ここから始める」

入場料・参加費

全プログラム無料

協力

南相馬市博物館
同慶寺
大堀相馬焼協同組合
春山窯

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

お問い合わせ・お申込み

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局
〒965-0807
福島県会津若松市城東町1-25(福島県立博物館内)
担当:小林、高橋、馬場
Tel:0242-28-6067・0242-28-6000(福島県立博物館代表)
(9:00~17:45毎週月曜日、祝日の翌日は休業)

詳細はこちら
第2回グランド・ラウンドテーブル 震災から5年 鎮魂・忘却・創造 A4チラシ

2015.11.12