News

飯舘村の記憶と記録プロジェクト 現地視察ツアー「飯舘村の試みと未来」

飯舘ツアーチラシ表

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトでは、〈いいたて学校プロジェクト〉〈飯舘村の記憶と記録プロジェクト〉を展開し、東京電力福島第一原子力発電所事故の被害により全村避難を強いられた飯舘村の現状と復興への過程を記録・収集する活動を進めています。
これまでに、中学生による民俗芸能伝承活動への支援、支援NPOと協力しての村民の方への聞き取りや大型写真による村の姿の記録等を行なってきましたが、今回、これまでの調査で訪ねた村内のポイントを巡る視察ツアーを行います。
再生に取り組んでいる田畑、地域の信仰を伝える石仏・石碑、そして除染作業の進行。それらのポイントを巡りながら原発事故と向き合い地域の再生に尽力する方々のお話しをうかがいます。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。

開催日

平成27年11月7日(土)・11月8日(日)

スケジュール

【1日目】11月7日(土)
12:30 福島駅西口集合・出発

13:30 飯舘村佐須 山津見神社・菅野宗夫さんの耕作地

15:00 飯舘村立飯樋小学校

17:00 福島駅西口着・解散

【2日目】11月8日(日)
12:30 福島駅西口集合・出発

13:30 飯舘村伊丹沢 株式会社飯舘電力太陽光発電所

14:30 飯舘村比曽 比曽の十三仏・長泥ゲート
↓   各所の仮仮置場・仮置場(車中)
16:00 いいたてミュージアム(県庁南再エネビル)

17:00 福島駅西口着・解散

講師

【1日目】
13:30~14:30 菅野宗夫(農業・ふくしま再生の会)
【2日目】
12:30~17:00 佐藤俊雄(飯舘村文化財保護審議会委員)

定員

25名(先着順)
※未成年の方は保護者の同伴もしくは同意書が必要です

【最新情報(11月1日現在)】

2日目(11月8日日)のお申し込みが定員に達しました。

 

お申込

お申込が必要です。
下記事務局へお電話でお申込ください。なお、1日のみのご参加も可能ですので、
お申込時に事務局員へお伝えください。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局
電話 0242-28-6067(9:00~17:45)
※毎週月曜日・祝日の翌日は休業

お申込受付期限

平成27年11月3日(火)17:45まで

参加費

無料

ツアーの安全性について

1,飯舘村の放射線量は低減し、除染作業も進められています。
2,飯館村内では昼間の活動は認められています。
3,実行委員会事務局職員が放射線測定器で計測し、ポイントごとに安全を確認しながら行動します。
4,近日、飯舘村が独自に計測した1時間当たりの大気中放射線測定値は下記です。
(広報いいたてお知らせ版 第830号平成27年10月20日より転載)
平成27年10月1日 地上1mの空間線量(単位はμsv/h)
佐須字虎捕地内 0.47
飯樋字町地内 0.29
長泥字曲田地内 1.44
伊丹沢字山田地内 1.65
比曽字中比曽地内 2.63

協力

いいたてまでいの会
ふくしま再生の会

主催

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

詳細はこちら
飯舘村の記憶と記録プロジェクト勉強会 現地視察ツアー「飯舘村の試みと未来」 A4チラシ

2015.10.27