プロジェクト

福島交流・発信プログラム

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの成果を活用した成果展を、県内外の歴史的建造物、文化施設、コミュニティスペース等を会場に開催し、震災と復興について広く共に考え体験の場を創出するとともに、県内外諸団体との連携の構築を図ります。これまでの成果となる震災・原発事故を記録した作品の整理作業、これまでの活動をまとめた記録集の作成も行います。

形式: 展覧会、トークイベント、フォーラム、記録集

成果展候補地:
福島県福島市・郡山市・南相馬市、京都府京都市、大分県別府市

関連ニュース

トークイベント+標葉せんだん太鼓公演「文化でつなぐふるさと」

プログラム東日本大震災、および東京電力福島第一原子力発電所事故によって帰還困難区域となった双葉町。 民謡の宝庫と言われる福島県浜通りにあって、双葉町にも数百年の歴史をもつ盆唄が伝わり、毎年盛大に盆踊りが行われていました。 今、離れ…

2017.09.06

芸術文化で伝える考える福島の今、未来 in KORIYAMA

koriyama_flyer_omote_OL.(小)jpg    今年度第1回目の成果展「芸術文化で伝える考える福島の今、未来 in KORIYAMA」を郡山市内の2会場で開催します。 郡山女子大学会場では巨大災害・事故を乗りこえていく文化の力をテーマとしま…

2017.08.18

アートで伝える考える福島の今、未来展 in Kyoto  プレトークイベント 記憶の共有 心の共感

4これまでの活動成果を通した発信の重要性を捉え、過去・現在・未来の福島を伝え、福島が抱えた課題を広く日本の問題として共有しようとする「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展」を各地で開催しています。2017年12月に…

2017.07.16

関連ブログ

トークイベント+標葉せんだん太鼓公演「文化でつなぐふるさと」

21462584_1193624270739673_5669186764851273216_n9月9日(土)、郡山女子大学で トークイベント+標葉せんだん太鼓公演「文化でつなぐふるさと」を開催しました。 講師は本プロジェクト参加作家の岩根愛さんと、 岩根さんが取材を続けている双葉町の盆太鼓奏者、横山久勝さんと今泉…

2017.09.16

アートで伝える考える福島の今、未来 in KYOTO プレトークイベント-2「痛みの記憶を伝えるために」

DSC_1321京都での成果展に向けたプレトークイベント2日目「痛みの記憶を伝えるために」 日時:8月5日(土)13:30~15:30 会場:KYOTO-BA 京都場(京都市中京区西ノ京南聖町6-5) 講師:宮本佳明さん(建築家)、藤井…

2017.08.14

アートで伝える考える福島の今、未来 in KYOTO プレトークイベント-1「福島に寄り添った証言者たち」

DSC_1316いよいよ本格始動のはま・なか・あいづ文化連携プロジェクト。 今年度は郡山市、福島市、別府市、京都市で成果展を開催予定です。 8月4日(金)・5日(土)に、京都展に向けてのプレトークイベントを京都市内の2会場で行いました。…

2017.08.11