プロジェクト

福島交流・発信プログラム

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの成果を活用した成果展を、県内外の歴史的建造物、文化施設、コミュニティスペース等を会場に開催し、震災と復興について広く共に考え体験の場を創出するとともに、県内外諸団体との連携の構築を図ります。これまでの成果となる震災・原発事故を記録した作品の整理作業、これまでの活動をまとめた記録集の作成も行います。

形式: 展覧会、トークイベント、フォーラム、記録集

成果展候補地:
福島県福島市・郡山市・南相馬市、京都府京都市、大分県別府市

関連ニュース

アートで伝える考える福島の今、未来展 in Kyoto  プレトークイベント 記憶の共有 心の共感

4これまでの活動成果を通した発信の重要性を捉え、過去・現在・未来の福島を伝え、福島が抱えた課題を広く日本の問題として共有しようとする「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展」を各地で開催しています。2017年12月に…

2017.07.16

関連ブログ

coming soon...