プロジェクト

記憶の継承・コミュニティ創出プログラム
暮らしの記憶プロジェクト

福島県沿岸部の津波被災地に残る流失家屋の基礎の撮影記録と元住人からの聞き取りによって東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故により失われた暮らしの記憶をとどめ伝えるプロジェクト。

形式: 調査・制作、トークセッション、報告書

担当作家: 安田佐智種

東京都生まれ。美術作家。
東京藝術大学大学院終了後に渡米。ニューヨークを拠点に活動。身体の記憶と視覚の関係性を追求する作品を制作。主な展覧会に、カリフォルニア写真美術館、Base Gallery、国立新美術館、セゾン美術館等がある。

関連ニュース

coming soon...

関連ブログ

暮らしの記憶プロジェクト 鈴木酒造店リサーチ

DSC_0004-22016年8月19日(金) 暮らしの記憶プロジェクト 美術作家・安田佐智種さんによるリサーチが進行中です。 浪江町請戸で区長をつとめられていた鈴木さんを訪ねました。 鈴木さんは請戸で鈴木酒造店を営まれていましたが、現在は…

2016.09.06