ニュース

企画展「FUKUSHIMA SPEAKS アートで伝える考える 福島の今、未来 in NAGAOKA」

成果展長岡東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故から5年が経過し、その記憶は早くも薄れつつあります。しかし、巨大地震と原子力発電所事故が福島に限らない課題であることは、この国の多くの人が共有し続けなければなりません。 はま…

2016.05.12

クロージングフォーラム「アートは何を残せたか 震災から5年の福島・アート・地域」

クロージングフォーラム表はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトでは、アートプロジェクトを中心にトークイベント、ワークショップ、展覧会などを福島県内外の諸団体と協働して2012年から実施してきました。 東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事…

2016.02.28

ブログ

「アートで伝える考える 福島の今、未来【静岡】」

okabe会場の金座ボタニカは4階建ての元社員寮を改装したスペース。 デザインオフィス、雑貨店の他に大小のギャラリーがあります。住居だったスペースだけに美術品の展示施設として必ずしも使い勝手が良いわけではありません。ですが、その制…

2016.01.15

暮らしの記憶プロジェクト(写真家 安田佐智種さん)

yasuda12014年、アーティスト安田佐智種さんが進めてきたのは、津波で流出した住宅の基礎の記録。 今年度は、 これまでに制作した作品に大切な厚みを加えます。 南相馬市、浪江町で撮影した住宅に暮らしておられた方々にお会いしお話しを…

2015.12.25